本文へジャンプ
校内研究


研究主題

自分の思いや考えを自信を持て表現できる児童の育成

― 互いに認め合い,学び合う算数の授業づくりを通して ―


研究の目標・研究の視点
【研究の目標】
 自分の思いや考えを自信を持って表現できる児童を育成するための指導の在り方を,互いに認め合い,学び合う算数の授業づくりを通して明らかにする。

【研究の視点】
 算数科において,次の2つの視点に沿った手だてを工夫しながら,互いに認め合い,学び合う授業を展開することで,児童の自分の思いや考えを表現する力の育成を図る。

【視点1】互いに認め合う学級作り
 
【視点2】アクティブラーニングとユニバーサルデインの視点を取り入れた授業作り

【目指す児童像】
  低学年部:順序が分かる言葉を使って,自分の思いや考えを伝えようとする児童

 中学年部:理由を明確にして,自分の思いや考えを伝えようとする児童
 高学年部:相手に分かりやすい方法で,自分の思いや考えを伝えようとする児童



   All rights reserved. copyright (c) Tukimigaoka Elementary School Shiogama City.