本文へジャンプ
教育目標


学校教育目標

夢や希望をもち,自ら学び、心豊かに、たくましく生きる児童を育成する。

 激しい変化が予想されるこれからの社会においては、生涯を通じて学び続ける態度を培っていく必要があります。このため、本校では、子どもたちが学び続けるための基礎となる力を向上させていくことに重点を置きます。これからの子どもたちには、単に知識として覚えているだけでなく、自分の考えを持ち、それを自分の言葉で表現できる力を身に付けること、そして、それを実際の生活に生かすことができるようになってほしいと考えています。
 また、正義感や倫理観、思いやりの心など、豊かな人間性や社会性をはぐくむために、基本的な生活習慣を身に付け、善悪の判断力を持ち、社会生活上のルールをしっかりと守っていく力を持てるように指導を徹底したいと考えています。様々な教育活動の中で、体験的な学びの場を一層充実し、身の回りの人々や自然との触れ合いを通して道徳性の育成を図っていきます。
 さらに、基礎的な体力の向上を図り、進んで運動に親しむ態度を育成し、子どもたちが自ら健康を保持し、増進できるようにさせたいと考えています。あわせて、今の社会を生きる子どもたちの課題 ― 心の健康、望ましい食習慣の形成、生活習慣病の予防、薬物の乱用防止など ― に適切に対応できるように指導の充実を図っていきます。

めざす児童像

○ 進んで学ぶ子ども      (かしこく)
○ 思いやりのある子ども    (やさしく)
○ 健康でたくましい
子ども   (たくましく)





   All rights reserved. copyright (c) Tukimigaoka Elementary School Shiogama City.